ITEQ International 問合せ052-917-0711
Mailでの問合せ
ホーム会社概要海外事業更新履歴更新履歴公開セミナー実テーマ指導会
シックスシグマ開発プロセス革新の実現新商品開発体制の改善量産品質改善製造力強化コストマネジメント
タグチメソッド 品質工学MTシステムQFD 品質機能展開FMEA/FTATRIZ/TIPS方針管理その他の手法
 

MTシステム

 

これからの研究開発,技術開発の重要テーマは,「犯罪防止」「事故の防止」「老人介護」だと言われています.
犯罪防止は,犯罪が行われる前に予測できれば,事前回避することができます.事故は,車による事故が社会問題にもなっており,飲酒運転をしようと,居眠り運転をしようと,携帯で電話しようと,事故をしない車を開発すべきだというのが世論です.近年,異常気象の多さがマスコミを騒がせていますが,自然災害が起こる1日前に予測することができれば,人命の損害を最小に抑えることができます.老人介護でも,あと5年で経てば介護が必要になると予測できれば,日常習慣などをあらため,できるだけ介護してもらわない状態を維持することも可能になるかもしれません.
このように,未来の予測,パターン認識は,21世紀の産業だといっていいのかもしれません.
 
より使いやすく精度の高いパターン認識技術が必要
MTシステム
 
  ◆MTシステムとは    
 
    多次元情報からパターン認識をし、推定・予測・診断を行う新たな提案
 
     
  ◆MTシステムの考え方    
 
    正常な状態、平均的な状態は、非常に似通っているのでパターンが定義できる⇒(単位空間)
異常な状態、平均的でない状態は、多種多様なのでパターンの定義はできない
 
 
ポイント 異常には様々な種類や程度があり、『既知の異常』『未知の異常』もあります。MTシステムでは単位空間を基準とし、そこから外れた距離により異常データを判断するので『未知の異常』も検出できます。  
 
     
  ◆MTシステムの適用例    
 
    ビッグデータ、IoT、第3次AIブーム、ディープラーニングなどの言葉が溢れていますが、IoT技術に欠かせないのが情報処理技術です.田口玄一氏が開発したMTシステムも有力な情報処理技術と言われ、応用が急速に進められています.
 
 
・健康診断の多くのデータから総合的に現在の健康度、1年後の健康度を出す
・複数の煙センサ、温度センサの出力から火災かどうかを判断する
・溶接機等の色々なデータから製品のキズ等外観が正常であるかどうかを判断する
・画像データから製品のキズ等外観が正常であるかどうかを判断する
・装置・システムの故障予知、未然防止
・肝臓病の治療効果の総合判断:良くなっているか、変わらないか、悪くなっているか
・手書き文字認識
・音声認識⇒声による文字入力等
・将来の地価の予測
・指紋による個人認証
・将来の自社の利益率の予測
・総合的に製品がよいかどうかの判断
・中間工程データから最終検査までの歩留まり、品質特性の予測
・人の採用可決の判断、採用後の適材適所の判断                ・・・などなど
 
 
  ◆MTシステムの種類    
 
MTシステムは、MT法をはじめ、T法(1):両側T法T法(2):片側T法T法(3):RT法TS法MTA法標準化誤圧法とたくさんの計算方法があります.目的や、データ項目数やサンプル数、多重共線性などの制約により使い分けますが、現在ではMT法、T法(1)、RT法が良く使われています.
良く使われる手法(一例)
分野
事例
MT法
T法(1)
RT法
検査・診断
特性検査、外観検査、医療診断
監視
機器・設備・プラントの監視、安全監視
推定
不動産評価、企業評価、バイオテクノロジー
予測
健康・病状推移、経済指標推移、売上推移、リスク予測
分類・識別
文字認識、音声認識、指紋認識、顔認識、不良モード判別
 
     
  ◆MT法の手順    
 
MTシステムの種類により手順は変わりますが、代表的なMT法の手順を下記に示します.
MT法手順
 
     
 
膨大な計算を手計算でするのは難しいので、自社でシステムを組んだり販売されているソフトを使うのが一般的です.
弊社ではアングルトライ(株)のアドインソフトの販売もしております.
ソフト名
対応項目数(最大)
価格(税別)
MTRT-AddIns-MT
MT法
127項目×10,000サンプル
49,800円
250項目×10,000サンプル
128,000円
511項目×10,000サンプル
198,000円
MTRT-AddIns-TRT
T法(1)+RT法
250項目×10,000サンプル
59,800円
511項目×10,000サンプル
98,000円
MTRT-AddIns-All
MT法+T法(1)+RT法+誤圧法+MSR
127項目×10,000サンプル
125,000円
250項目×10,000サンプル
178,000円
511項目×10,000サンプル
250,000円
 
     
  ◆企業内セミナー    
 
下記はMTシステムセミナーの標準カリキュラムですが1日セミナーもあります.目的や対象により、内容や日数をカスタマイズ可能です.
1日目
2日目

 1.MTシステムとは
 2.MTシステムの考え方と分類
 3.MT法の進め方概要
 4.MT法に必要な予備知識
 5.マハラノビスの距離とは
 6.MT法の実際の進め方
 7.項目選択のやり方《診断》

 8.T法(1):両側T法
 9.T法(1)の手順
 10.【演習問題】T法(1)
 11.T法(2):片側T法
 12.T法(2)の手順
 13.【演習問題】T法(2)
 14.RT法:複数T法
 15.余因子行列とは
 16.RT法の手順
 17.【演習問題】RT法
 18.標準化誤圧法
 19.実効値とは
 20.標準化誤圧法の手順
 21.【演習問題】標準化誤圧法

※セミナー内の各演習問題はすべてExcelで実施する前提で作成しています.   
 
     
     
  上記のセミナーを実施していただき、実践活用は実テーマ指導会を活用していただくのが最も効果的です.  
 
実テーマ指導会
 

まずはお気軽にご相談、お問合せください.

問合せ052-917-0711
Mailでの問合せ

 
 
 
 
     
   
 
iteq international
〒462-0844 愛知県名古屋市北区清水3-8-5 TEL 052-917-0711 FAX 052-917-0712
Copyright© ITEQ International LTD. All Rights Reserved
get acro