ITEQ International 問合せ052-917-0711
Mailでの問合せ
ホーム会社概要海外事業更新履歴更新履歴公開セミナー実テーマ指導会
シックスシグマ開発プロセス革新の実現新商品開発体制の改善量産品質改善製造力強化コストマネジメント方針管理
タグチメソッド 品質工学MTシステムAPRT法QFD 品質機能展開FMEA/FTATRIZ/TIPSその他の手法
 

MTシステム

 

  ◆APRT法とは    
 
    主成分分析とRT法を組み合わせて、従来のMTシステムでの制約条件を大幅に緩和し、さらに判別精度を向上した方法
 
 
ポイント MTシステムとは、多次元情報からパターン認識をし、推定・予測・診断を行う新たな提案.人の判断より低コストで正確、安定度が高い.MTシステムでは、MT法をはじめ、T法(1):両側T法T法(2):片側T法T法(3):RT法TS法MTA法標準化誤圧法とたくさんの計算方法があります.目的や、データ項目数やサンプル数、多重共線性などの制約により使い分けますが、現在ではMT法、T法(1)、RT法が良く使われています.  
 
     
  ◆APRT法のメリット    
 
  ・従来の方法に比べて判別精度が高い
  
異常時に約3桁(利得30db)大きいMD^2値が得られる場合がある
・従来の方法に比べて制約条件が少ない

   MT法はメンバー数>項目数の制約がある。APRT法は主成分分析するためこの制約がない。
    RT法や誤圧法に比べ、望大特性SN比の利得が大きく、高い判別力がある。
    MT法は多重共線性の問題があるが、APRT法は主成分分析使用のため問題なし。
    RT法は同一単位項目が基本だが、APRT法は相関行列主成分分析で基準化するため問題なし。
課題
MT法
RT法
誤圧法
APRT法
判別精度
メンバー数と項目数の制約
×
多重共線性問題
×
項目の単位(次元)の制約
限定
名義変数の対応(確認事項)
0,1データ、標準偏差0の対応
×
×
多単位空間対応
 
     
  ◆APRT法の手順    
 
MTシステムの種類により手順は変わりますが、代表的なMT法の手順を下記に示します.
APRT法手順
 
       
  ◆APRT法ソフト    
 

計算量が多く手計算が困難なので、自社でシステムを組んだり販売されているソフトを使うのが一般的です.
弊社ではAPRT法ソフトの販売もしております.

ソフト名
対応項目数(最大)
価格(税別)
APRT
  APRT法+T法(1)+RT法
250項目×1,000サンプル
59,800円
 
     
     
     
  ◆APRT法無料説明会    
 


APRT法の概要、ソフトなどについての無料説明会を定期的に開催しています.参加希望は事前にご連絡ください.

会場:
ITEQ International 愛知県名古屋市北区清水3-8-5 2階
日程:

【10月】 17日(水)
【11月】 14日(水)
【12月】  検討中
【 1月】  検討中
【 2月】  検討中
【 3月】  検討中

時間:
13:30~16:30

問合せ052-917-0711
Mailでの問合せ

 
 
     
  実践活用は実テーマ指導会を活用していただくのが最も効果的です.  
 
実テーマ指導会
 

まずはお気軽にご相談、お問合せください.

問合せ052-917-0711
Mailでの問合せ

 
印刷用PDF印刷用PDF_実テーマ指導会aprt.pdf(553KB)
 
 
 
     
   
 
iteq international
〒462-0844 愛知県名古屋市北区清水3-8-5 TEL 052-917-0711 FAX 052-917-0712
Copyright© ITEQ International LTD. All Rights Reserved
get acro