ITEQ International 問合せ052-917-0711
Mailでの問合せ
ホーム会社概要海外事業更新履歴更新履歴公開セミナー実テーマ指導会
シックスシグマ開発プロセス革新の実現新商品開発体制の改善量産品質改善製造力強化コストマネジメント
タグチメソッド 品質工学MTシステムQFD 品質機能展開FMEA/FTATRIZ/TIPS方針管理その他の手法
     
 
開発プロセス革新の実現

技術開発・商品開発における真の開発プロセス革新が実現します!

 
     
 
大企業での代表的な取り組み状況
 

 人員削減や拠点の統廃合もほぼ終わり,各企業とも中期利益目標達成のための方策として,開発期間の短縮(1/2等)や,開発コストの低減(1/3等)に取り組んでいます.

 それを実現する手段として,シミュレーション設計支援システム(LAN)に数10億円を投資して活動を進めていますが,「ひとつも期間短縮できない」「無理やり開発期間を短縮したがために,市場クレームが増えてしまった」ということを良く聞きます.

 また,以前から,TRIZQFDタグチメソッドを導入しているが,うまく開発の効率化がはかれていないという声もよく耳にします.

 これから,団塊の世代が退職する時期をむかえ,ますます開発現場の効率化の重要性が高まってきます.

 某企業では,「開発プロセスの革新」実現に向けて,役員クラスがどうやって実現するか頭をかかえています.

 
bottom

space

当社の開発プロセス革新の特徴
 

 当社設立以来,多くの企業にてコンサルティングを行った結果,商品開発のやり方がうまくいっている企業うまくいっていない企業に分かれていました.その理由を追求していくと,

  • 開発システム(しくみ)
  • マネジメント
  • 人材育成

面での色々な違いを把握することができました.

 特に,うまくいっている企業に共通する内容を体系づけ

  • 開発期間=1/2
  • 開発コスト(試作材料費)=1/4
  • 市場品質=5倍工場

などの革新的成果を出せる活動にまとめ上げたのが,当社の「開発プロセス革新」です.

 上記体系づけた内容をベースに,実際のコンサルティングでは,各企業にあわせてディスカッションを行い,進めて行きます.開発プロセス革新を実現するガイド役が当社のコンサルティングだとご理解ください.

 今まで活動を行ったが,達成が難しすぎる,無理だとあきらめた企業にとっても,ぜひ実施される価値のあるものだと確信しております.

 
bottom

space

開発プロセス革新実現の考え方
 

1.事前環境整備の重要性

 中期経営目標の展開を行うと,下記の図式ができあがります.

  • 目的=中期経営目標:20XX年度 売上目標,利益目標
  •   →手段=目標展開した支出の各経理科目の目標値=目的
  •   →手段=200X年度:開発期間=1/2,開発コスト=1/3,等 <活動目標

 活動目標を達成しないと,中期経営目標を達成しないというStoryができます. すなわち,会社の命運を賭けて実行することが必要です.中間管理職以下に生活を賭けて仕事をする気にさせるのは,経営者にとって重要な役割であり責任です.

2.開発プロセス革新の実現とは

 上記活動目標を達成するための「Success Story作り実行支援」を行うコンサルティングプログラムです.

 Success Storyには,下記の内容が含まれます.

  • 技術開発システム,商品開発システム:しくみの再構築
  • マネジメント改革
  • 人材育成

 成果が出る秘訣は,このSuccess Story作りにあります.Success Storyは新しい手法ではなく,課題達成型のStoryそのものです.下図はイメージ図です.

3.Success Storyに含まれるもの

 下記のものが含まれます.下記を全て実行する計画を作成するのが成功の秘訣です. もちろん貴社の状況にあわせてカスタマイズする必要があります.

 
技術開発
商品開発
システム(しくみ)
  • 技術開発テーマの決定
  • 技術開発の進め方
商品企画・商品開発の進め方
マネジメント
しくみにあわせたマネジメント
しくみにあわせたマネジメント
戦略テーマ
  • シミュレーションを用いた技術確立の進め方
  • 過去ノウハウのデータベース化
  • ドキュメント作成ツールの整備

 
bottom

space

開発プロセス革新の進め方
 

1.各目標値に対する現状の把握

 特に商品開発システムについて,時間,工数,費用面で,各開発の段階において,各部門がどの仕事にどれくらい使っているかを調査する.

2.目標達成できる商品開発システムの構築【到達レベル】

  • 各部門の役割と責任の再定義
  • 基本思想の定義:特に商品開発における試作回数の定義
  • 技術開発システムも含めて考える:技術開発テーマUp,技術開発の進め方

3.商品開発・技術開発における評価のものさし作り

4.現状と到達レベルの各目標に対するギャップ把握

5.戦略テーマの抽出

 到達レベルのしくみで開発を行うための環境整備=戦略テーマ

6.目標達成までの実行計画の作成

7.実行

8.途中での達成状況把握

9.目標達成レベルの把握

*上記全てにおいて,当社のコンサルティングが支援します.

 
bottom

space

moreinfo
 

 貴社のご要望にあわせた範囲でのコンサルティングが可能です.

  • 今まで色々な導入を行ってきたが,目標レベルに達成せずお困りの方
  • 今後を考えると,検討を進める必要があるとお考えの方
  • 一度情報を入手してみたい方
  • TOPにフロントローディングを考えてもらいたいキッカケがほしい方

ぜひ,当社までご連絡ください!

問合せ052-917-0711Mailでの問合せ

 このページと同じ説明のPDFファイルをダウンロードできます.ぜひご利用ください.

pdficon PIDS.pdf(620KB)

 
bottom
 
     
   
 
iteq international
〒462-0844 愛知県名古屋市北区清水3-8-5 TEL 052-917-0711 FAX 052-917-0712
Copyright© ITEQ International LTD. All Rights Reserved
get acro